9年前の年賀状(未使用)が出てきた。

--------------------------
9年前の年賀状(未使用)
--------------------------
瓢箪から駒。
予想外なところから、あり得ないものが出てくるという故事。

掃除したらメタルラックから年賀状(未使用)が出てくるのは
まあ、ない話じゃないか。

9年前のだけどな。


001_201705210250274fb.jpg
ハガキを切手に変えてもらったという話です。

しかも20枚以上。(郵便局の人は22枚と言っていた気がする)

多分、これが、私の出した最後の年賀状だ。
25~30枚程度を購入し、出さずに残ったのがこれなんだろう。
「あ、私、年賀状ださねーわ」と悟り、以来、年賀状を書いていない。

捨てるのも違うと思ったので、これを持って郵便局へ向かった。
道中「あ、写真くらい撮っとこう」と思い、慌てて撮ったのが先述の写真だ。

未使用のはがきは、1枚当たりいくらかの手数料を差し引き、
郵便局で取り扱いのあるものと交換してくれる。

ベターなのは切手だろう。

郵便局の方は、シムーレスな手続きであっという間に計算して、
来月からハガキの料金が変わるからと、端数は「1円切手」ではなく「2円切手」を薦めてくれた。

途中、はがきの枚数や、手数料の計算などを
私が渡した年賀状にサササッとメモをしているのを見て

「ああ、真っ白であることに意味はないのだな」と思ったのが印象的だった。

全面印刷でも、書き損じたはがきでも、郵送前(未使用)であれば、公平に交換してくれるのだ。

帰り道
本年度こそは年賀状を書こうかな。と、思った。




--------------------------
かみのみかさんのご朱印帳
--------------------------
先日の記事
でも一度紹介した、

御朱印帳キットのセレクトショップ
▼かみのみか
https://www.kaminomika.com/


で購入したご朱印の中身がまだあったので、ようやく表紙を付けた。
(2セット購入していた)
003_20170521025030f3c.jpg
002_201705210250291ac.jpg

本当はうちの犬をいい具合にトリミングしてデザインしようと思っていたのだが
1)王子様&ラブの時代はデジカメの解像度が残念
2)小娘&若君の写真は解像度が良いが、先代を差し置けない。
3)やるなら全員集合

なんて考えていたら全く行き詰ってしまった。

こまいぬ朱印帳デザイン2
ここまでは作ったんだけどな…。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する