伊勢参り

01.jpg02.jpg
アマテラスとツクヨミのご朱印GET!!!!!

好きな神様は、天照大神とヴァルキリーです。
こんばんは。

宗教・神道っていうんじゃなくって、ファンタジーとして神話が好き。
アマテラス萌え~。
でも、好きな人のことは知りたくなっちゃうヲタ魂で、古事記も日本書紀も好き…!

アマテラス好きが高じてアプリを作るくらい愛してます。
[iOS版はこちら]
[Androidはこちら]

でも、今日はアプリの宣伝がしたいんじゃないんだ!
ついに、ついに、アマテラスのおうち、伊勢神宮にお参りしたんだ!!!!
この感動を忘れないためにはどうしよう?
そうだ、ブログに書こう…!


******

母親が良く使っている「60歳以降はなんかお得な旅行」があり、
1泊2日で、複数個所を回るツアーの中に伊勢神宮が入っていた。

本来なら、行程の決められたツアーではなく、
自身で好きなようにいけたらいいのだが
なにせ、ひきこもりな性分。
勝手もわからずイキナリ初の伊勢参りは難しいだろうと、ツアーに便乗することにした。

「アプリ作る前にお参りしろよ」って思うだろう?
誰より私が思ってる。

--------------------------
伊勢神宮:外宮編
--------------------------

伊勢神宮の基礎知識伊勢参りの作法やらはウィキペディアに任せるとして

04.jpg
まずは外宮で豊受大神にご挨拶

いきなりアマテラスに会うことはできない。
アマテラスは内宮(ないぐう)という場所にいるのだが
まずは少し離れた外宮(げぐう)という神社に行かないといけない。

外宮には、アマテラスのご飯を任されてる豊受大神(トヨウケノオオカミ)がいる。
ようするにアマテラスのメイドさんだ。
この神社は衣・食・住にご利益がある、とバスの添乗員さんが言っていた。

そもそも、伊勢参りはツアーの"2日目"に設定されていたので
この時点で私はかなりのオアズケ状態。

はやる気持ちを抑えて、まずは外宮で冒頭のご朱印を頂く。

ご朱印について詳しいことはウィキペディアで読んでもらうとして、
ご朱印帳の一番最初のページに押してほしい!!と思って新品を用意し、
ツアー1日目にまわったお寺のご朱印は別紙にしてもらっていた。(あとから糊で朱印帳に張る)

余談00
余談だが、ご朱印帳は「果たし状」みたいにジャバラになっている

--------------------------
伊勢神宮:内宮 入口
--------------------------

06.jpg
いよいよ内宮へ!!

バスで15~20分ほど移動すると内宮に着く。
ツアーって連れて行ってくれるからその辺は便利よね。

写真の奥に映っている橋が、昨年伊勢志摩サミットで話題になった橋だ。
おんなじカットで写真…は撮れないね。この人の多さじゃ…

07.jpg
手水舎も神々しく見える

ご朱印集めを始めたのは2014年からなのだけど、
神社を沢山回っているおかげで、流石に作法が身についた。

08.jpg
五十鈴川(いすずがわ)というここでも身を清められる

川はとっても澄んでいて冷たかった。
母が「この水を神棚に上げるとご利益があるのよ」というので、
空のペットボトルに少し入れて持ち帰った。(飲みません)

川は触れるくらい近くにあるが、
水を汲むにはかなり前かがみにならないといないので
「今だれかにフザケられたら落ちるな」って怯えた。そう、水はとても冷たい。
幸いそんなことにはならなかったのでさっそくご利益があったのだろう。



余談02
地味な写真が続いたので華やかな梅の花で一休み


--------------------------
伊勢神宮:内宮 神楽殿
--------------------------

14.jpg
左:開運(内宮) 中央:厄除け(内宮) 右:開運(外宮)

いよいよ、アマテラスのご朱印やお守りを頂ける。
お守りは外宮と内宮でデザインが違う。
外宮の「開運」が勾玉型なのが可愛い。アマテラスといえば勾玉だろう。(置いてるの外宮だけど)
是非、鏡と剣も作ってほしい。

興奮しながらご朱印とお守りを授かった。
周りに人がいなければ鼻血くらい出してたかもしれない。

さあ、正宮へ向かおう…!

09.jpg
巨木が多いが、しめ縄がないのでご神木ではなさそう。
皆触っているようでピカピカになっていた。
10.jpg
私もパワーを頂く。巨木萌えー。


--------------------------
伊勢神宮:内宮 正宮
--------------------------

11.jpg
興奮して写真が斜め。正宮です

ああ、もう会いたすぎて震えそうだ。涙が出てくる。
ここから先は写真禁止である。
事前に、添乗員さんが「ここでは日々のお礼を言い、次の場所で個人的なお願い事をしてください」と説明をしていたが
この場所に立ったら、お願い事なんて出てこない。


アマテラスに会えた…!

二礼二拍手一礼
会いに来る機会を下さってありがとうございます。


震える足を一喝して離れた。


12.jpg
ウマー(神様がお乗りになる。御厩の神馬)

個人的なお願い事を聞いてくださる荒祭宮にも、他の別宮にもお参りしたが
どこでも個人的なお願いなんてできなかった…。

ただただ、溢れる…アマテラス萌え。萌えすぎて尊い。まさにネ申!!!
アイドルやバンドマンに会いに行く人たちの気持ちが少しわかった気がする。



--------------------------
月讀宮
--------------------------

13.jpg
ツクヨミん家にも行った

ツアーなので、回る場所は決まっているんだけど、
なんと自由時間があり(内宮参拝とランチタイム込みで3時間)

一か所くらいなら別の神社行けちゃうかもしれない!?ということで

タクシーを利用し(ツアーの行程にはない)月讀宮という神社へ
アマテラスの弟(妹?明記されてない)月読命(ツクヨミ)にも会いに行った!!
こんなことに付き合ってくれる母に感謝!!!!

ツクヨミの他に、二人の両親伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)も祀られていた。

驚く程人がいなくてほぼ貸切のような状態。
太陽と月…ツアーのコースじゃないからって、表裏が露骨じゃないだろうか。

母が「人がいなくていいわー」と言ってくれたから良かったが…
とっても素敵な神社なので是非行ってね。


--------------------------
余談
--------------------------

余談01
余談だが

ツアー初日に行った豊川稲荷(妙厳寺)

埋め尽くすほどのお狐様に、ツアー客はどよめいていたが、
豪徳寺でなれていたので特に怖いとも思わなかった。
むしろ犬科だし。招き猫より好ましい(´ω`*)

あ、でも、帰りの新幹線は、ツアー客1人増えてた気がする。
誰もいないのに新幹線の自動ドアも開いてたし。

IMG_0541.jpg
豪徳寺

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する