【2作目】昔取った杵柄

食玩が好きである。
一時期は、月の食玩代が7.000円を上回ったりもした。

その原因となったのが、愛するリーメントという企業。
ニッチかつハイクオリティな食玩を展開していて、心酔していた。今でも隙あらば就職したいとすら思っている。

喫茶店のサンプルを小さくしたようなスパゲティや
心躍るスィーツ、和雑貨などを集めていくうち
どうやら企業そのものも、こじらせ始めたのか
冷蔵庫シンクなどを発売した。

こじらせはとどまらず、ついには、を発売したのだ。

もちろん、例外なく購入した。


0001_201403091822365f0.jpg
紆余曲折アリ、今ではフィギュアとポンデ入れになっている。

写真撮影用に並べなおしたのだが、手を離した瞬間後ろの小さいのが転がったので、もう知らない。

そもそもは食玩のために開発されたのだが、フィギュアいれとしても大変良い。
ほこりはつかないし、上と手前が空くので設置もしやすい。
良いものを買った。1点を除いて。

これ、公式サイトを確認していただければお分かりかと思うが
5.000円する。

買ったことに一切公開はしていないが。
何かを飾る箱が5.000円か。

食玩を卒業して冷静になった今、思う。



これ、作れないかな。



0003_20140309182054d45.jpg
サイズ違いのフォトフレームを6枚買ってきた。


0002_20140309182236e82.jpg
並べ直す前なので中身はぼかしました。

フォトフレーム自体がどうしても小さいので、同じ勝負にはならないが・・・
そこそこ何かを飾れる箱はできるんじゃないか。


0004_20140309182232732.jpg
さくっとボンドて貼る

0005.jpg
人生初チョウツガイ

この蝶番が見つからず、上の上体からここまで2日ほど経っている。

蝶番など、つけたことがない。
でもネジをまわすだけだし、やってみれば何とかなるもんで
丁度両親が帰ってきたので
「人生初チョウツガイつけたー!!」と報告しに行くと

父は「お前は何をしているんだ」という顔をしていた

恥じる事は何一つしていないので、安心して欲しい。

*****

さて、ここまで来ると、次は色を塗りたい。
ナチュラルな木の色でもまあ、いいのだが、
モデルが冒頭の食玩の家なので、白くしたい。

木に色を塗ることができて、防腐効果があるもの・・・


0000.jpg
アクリルでいっか。

私はデザイン系の学生だった。
そして、デザイン系を少しでもかじった人は、アクリル絵の具を崇拝(過信)しているといっても過言ではない。

なにより、10数年ぶりに引っ張り出したというのに
まったく劣化していなかった。

アクリルスバラシイ。

・・・てか、全然使ってないじゃん・・・何してたんだ学生の私。



0006_20140309182053387.jpg
アクリルのコツは重ね塗り

とりあえず木目を消そうと、木材に近い色で塗ってみることにした。
薄い色ならば最後に白で塗るときに邪魔にならない。
が、これは失敗だった。

色が近すぎて、塗ったか塗ってないかわかりにくくなっちゃったのだ。
カクナルウエハ・・・


0007_201403091820370e6.jpg
白の邪魔にならないけどまったく違う色で下塗り

正解かどうかはさておき、下塗りができた。

ところで、上の写真に奇妙な突起物が見えるだろうか。

0008_20140309182039b4a.jpg
コスパがハンパナイ

ハンズで150円で購入。
4つあればよかったのだが、今後も使うかもしれないし、文句の言いようがない値段だったので購入。
コレが素晴らしく役に立つ・・・予定なのだが・・・

0009.jpg
色はムラなく塗れましたし、白くなりました。

失敗については後述する。
先を急ごう。


0010.jpg

突起に板(上記ではスティレンボード115円)を載せると・・・棚に!!
サイコロ状の木材をボンドで貼るだけで簡単かつ目立たない棚が作れた!!
なんてすばらしいアイディア!!!と思ったのだが・・・

"奥の透明な板"を貼るときに、このサイコロが邪魔で貼れなくなってしまった!!

手前はトビラになっているので干渉せず
左右はほんの少しスキマがあるのですんなり張れたんだけど
奥だけが!!
というわけで、奥の透明な板はサイコロのサイズにカッターで切ってどうにか張りました・・・
次回はちょっと考えてから貼ろう・・・


0011.jpg

スティレンボードだと、フェルト細工みたいに軽いものならいいけども、
ねんどろいどみたいな重いものは無理だった。

この後、厚さ2mmのアクリルを発注したらねんどろいども大丈夫になった。


■作成日
2014/2/15~2/20

■材料
四つ切写真フレーム(254*305) 2枚
6つ切写真フレーム(254*203) 2枚
A4フォトフレーム(239*322) 2枚
蝶番(6個入り) 2/6個
サイコロ木材 4/36個

スティレンボード(115円)
or
アクリル板(2.0×300×450mmで300円半分に切って使用)


■経費(ボンド/絵の具除く/2mmのアクリル板で計算)
約800円(+消費税)

5.000が800円で作れた。(先述の通りサイズが違うけどね)


軽いものを乗せる分にはスティレンボードでいいと思うけど、
アクリル板見ちゃうと透明な板のほうがいいなって感じではある。
アクリル絵の具も、スティレンボードも昔取った杵柄が生きたなあ。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する